ムダ毛を剃ると濃くなるってホント?

ムダ毛を剃ると濃くなるってホント?

よく言われるのが、「ムダ毛を剃ると濃くなる」というもの。
先に正解を言ってしまいますと、これはウソです。
剃ると毛の断面が斜めになるため、剃る前よりも太く見えるだけで、実際の毛の太さや量は変わりません。

 

これはちょっと冷静に考えてみれば何となくわかるのではないでしょうか。
もし、剃っただけで毛の量が増えたら光やレーザーよりコワくありませんか?
カミソリにそんなスゴイパワーがあったら、世の中の頭髪でお悩みのシニアの方は大喜びでしょう。
一度剃れば髪が増えることになりますものね。
それじゃあカツラ屋さんや増毛サロンは商売上がったりです。

 

では、他の理由で濃くなることはあるのかというと、あるにはあります。
それは脱毛や剃毛にではなく、ストレスです。
特に女性の場合、ストレスが溜まってホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンが多めになってしまうとムダ毛が増える可能性が高いといわれています。
最近顔のうぶ毛が濃くなったり、ヒゲが生えてきてしまったという女性が多いですが、おそらくはこのホルモンバランスが原因と考えられているのです。
もともと女性でもわずかに男性ホルモンが作られているのですが、少しでもバランスが崩れてしまうと真っ先にムダ毛に影響してしまうというわけ。

 

この「ストレス」は精神的なものに限りません。
例えば、DVDやインターネットのために夜更かしし続けていたり、連休だからといって一時的に昼夜逆転生活になったりしていませんか?
一見「楽しいからストレスじゃない」「ラクできてるんだからいいじゃない」と思えますが、身体にとっては大きなストレスです。
寒さや暑さ、忙しさもあると規則正しい生活をするのは大変ですけれども、ムダ毛だけでなく美肌のためにも、ある程度整った生活習慣を保つことが大切です。

 

そして、できるだけバランスの良い食事を心がけること。
美容に熱心な女性の場合「××でお肌がキレイになる」という情報が入るとそればかり食べてしまうことがありますが、食べ物で体質改善や美容効果を得るにはかなりの時間がかかるもの。
あまりに偏った食事をしていると、効果が出る前に何らかの栄養が不足して体調を崩してしまう可能性が高いです。
それでは本末転倒ですよね。

 

抑毛効果があるといわれている食べ物は大豆製品やビタミンEを多く含むものだと言われていますので、偏ることなく「ちょっと意識して食べる」くらいがちょうどいいでしょう。
大豆製品なら豆腐・納豆・きなこなど。
ビタミンEを多く含んでいるのはナッツや魚介類とオリーブオイルです。
どれも手に入りやすい食品ですから、ローテーションを組んだりして上手く取り入れましょう。

サロンの脱毛って痛いんでしょ?

各種脱毛方法で一番気になるのは費用ですよね。
それに負けず劣らず、選ぶときの基準とされているものがあります。
処理時の痛みがあるかどうかです。

 

特にサロンでの光脱毛や医療レーザー脱毛では、大なり小なり痛みが伴います。
もちろん軽減するためのジェルや冷却をしてくれますが、痛みに敏感な人は毎回我慢するのがイヤで、通うのをやめてしまうこともあるとか。
「キレイにしたい、でも痛いのはちょっと……」という場合は、機械の出力を調整してもらいましょう。
あまりに弱すぎると通う回数と費用が多くなってしまいますので、全く痛みを感じなくなるレベルにするのはちょっと難しいかもしれませんが、調整そのものには応じてくれるはずです。

 

一般的に光脱毛のほうが痛みは弱いとされています。
程度としては「ちょっとチクッとしたような感じ」と答える人が多いですね。
医療レーザーの場合はもう少し強くて、よく「輪ゴムで弾かれた感じ」と表現されます。

 

また、脱毛するパーツによっても痛みは違ってきます。
多くの人が痛いと感じるのは、VIOラインとワキ。
人気のパーツですが、意外に痛みを感じる人が多いんですね。
どの脱毛方法でも、クリニックでは希望すれば麻酔を使ってくれるところもあります。
特に絶縁針脱毛は最も痛いと言われていますので、もしかすると最初から麻酔を使うのが前提になっているかもしれません。

 

「どうしても、一瞬でも痛いのはイヤ!!高いのもイヤ!」という人は、光やレーザーでの脱毛ではなく除毛クリームを使ったお手入れをオススメします。
皮膚表面の毛を溶かすクリームなので、機械での脱毛よりも長持ちはしませんが、痛みはほぼありません。
剃毛でも良ければ、電気シェーバーという手もあります。

 

また、生理中・直前・直後と妊娠中は女性ホルモンのバランスが変わり、お肌が敏感になっているためこの時期を避けて脱毛すると、痛みを軽減できるかもしれません。
良心的なサロンやクリニックでは、施術を断られることもあります。
こうした時期にどうしてもムダ毛のお手入れをしたい場合は、カミソリやヒートカッターなどで剃るか切る程度にしておいたほうがいいでしょう。

 

除毛クリームであればどんな時期でも問題ないそうですが、やはり肌が敏感になる時期は少しずつ処理したほうが無難です。
焦って肌を傷めてしまったら意味がないですからね。
特にVIOラインは粘膜がすぐそこにありますし、毛が太いためもともと脱毛しづらい部分ですので慎重に。

ムダ毛を剃ると濃くなるってホント?関連ページ

女性用でも高機能なカミソリが続々と販売
自己処理で出来る脱毛は脱毛クリームや家庭用脱毛器など色々試してきましたが、現在は結局一番スタンダードなカミソリで落ち着いています。
自己流の処理をしています。
最近蒸し暑い日が続いています。 この時期家に帰るとすぐにタンクトップにショートパンツという格好になりくつろいでいますが、
ラヴィはオールマイティで低価格
ラヴィは、脱毛器の中でも情報が錯綜しているものの一つです。 なぜかというと、発売当初と現在とでセット内容や価格にかなりの変更点があるから。
トリアはぜひ使いこなしたい脱毛器
数ある家庭用脱毛器の中でも、いろいろな意味で別格なのがトリア。 レーザー脱毛であるということがその最大のポイントですが、口コミを見るととにかく「痛い!」という意見が目立ちます。
レーザー脱毛が効く仕組み
レーザー脱毛って、ちょっと不思議だと思いませんか? ムダ毛にだけ反応して、周りの皮膚にはほとんど影響がないんです。
脱毛の費用はどのくらい?
レーザー脱毛の費用についてはよく槍玉に上がります。 「高いからイヤ」「レーザーは安いからエステにする」という声はよく聞かれます。
行く前に、レーザーについて調べましょう
少しはレーザー脱毛について、理解を深めていただけたでしょうか? レーザー脱毛に限らず、わからないことが多ければ多いほど不安で怖くなってしまうのはごく当然のことです。
ミュゼプラチナム
私は現在ミュゼプラチナムに通っています。 通い始めたきっかけは、友人の紹介でした。