脱毛の費用はどのくらい?

脱毛の費用はどのくらい?

レーザー脱毛の費用についてはよく槍玉に上がります。
「高いからイヤ」「レーザーは安いからエステにする」という声はよく聞かれます。
しかし、総合的に考えてみるとレーザーのほうが安く済むケースもあるのです。

 

ポイントは機械の出力。

一般的に、レーザーは光よりも強く毛に働きかけるため、出力が大きくなっています。
だからこそ効果も早く出るのです。
ですから、毛がなくなるまでの照射回数=通う回数はレーザーのほうが少なく済むことが多くなります。
また、費用が高めなぶんサロンよりクリニックのほうが勧誘が少ないという点もメリットです。

 

反対に、サロンで主に行われている光脱毛は出力を抑えているため、必然的にサロンへ通う回数が増えます。
また、毛の質によってはなかなか反応せず、その分何度も行かなくてはならないことも。
毛周期に合わせて予約しても、「毛が伸びていなくてまだ機械が反応しないので、後日お越しください」と言われるケースも珍しくないようです。
一回あたりの金額は安くても、何度もそういうことを繰り返していたら積み重なって結構な金額になり得ますよね。

 

これは家庭用脱毛器も同じです。
一般の人にも使えるよう、さらに出力を落としていることもありえます。
最近は気長に続ければきちんと効果が出る脱毛器もありますが、家で定期的に照射できる人でないとかえって損をしてしまうかも。
サロンやクリニックに通えなくなったから脱毛器にした、という人も多いので、とりあえず保留としておいてもいいでしょう。
脱毛器はサロンやクリニックでの脱毛より安く済む可能性が高いですが、カートリッジなどで本体+αの金額になることもありますので、覚えておくといいかもしれません。

 

まとめると、レーザーは高価格ではあるが通う回数が少なく、サロンや脱毛器での光脱毛は低価格に見えても通う回数が多くなるため、費用もかかりがちということになります。
これも人それぞれの価値観によりますので、ご自分にとってよりおトクと思える方法を選んでくださいね。
人に勧められたからと言って、納得できない・不快な方法で脱毛してもストレスが溜まってしまいますから。
どうしても迷ってしまうという方は、多くのクリニックで安く受けられる両ワキ脱毛から始めてみてはいかがでしょうか。
もちろんサロンよりは高めの料金設定ですが、ワキだけのために脱毛器を買うよりは安いですし、一ヶ所試してみれば気分的にも納得できますしね。

レーザー脱毛の疑問あれこれ

サロンや自己処理と比べて高額なことに加え、よくわからないことが多いのがレーザー脱毛。
しかし、ほとんどの場合事前の情報収集やクリニックへの問い合わせで解決する疑問です。
脱毛に限った話ではありませんが「よくわからないから」といって調べないのはちょっと考え物。
調べもせず理解しようともせず、若いうちから頭を使おうとしないのでは将来ボケてしまうかもしれませんし、キレイになるための第一歩だと思って、ちょっとお勉強しておきましょう。

 

まず、誰もが心配になるのが副作用について。
レーザー脱毛は光脱毛と比べて出力が強いことから、副作用が心配という方も多いでしょう。
しかし、現在の機械ではほとんど副作用の心配はありません。
たまに照射した場所が軽い火傷になることはありますが、その他の症状が起きることはないと考えていいでしょう。

 

これはレーザーが皮膚の奥や血管には届かないようになっているからです。
毛母細胞は皮膚の浅いところにあるので、そこまでレーザーを届ける必要がないんですね。
また、皮膚がんを起こす紫外線ではなく、レーザーの光は赤外線ですので皮膚がんの心配もありません。
もちろん放射線でもないので、安心してレーザー脱毛を受けましょう。

 

ただし、ごくごくまれにレーザーに対するアレルギー反応が出てしまう方はおられます。
また、光線過敏症など光に関するアレルギーや、アレルギー性皮膚炎をお持ちの方はレーザー脱毛ができないことがあります。
カウンセリング時にきちんと申告し、重篤な事態を引き起こすことのないように気をつけたいですね。
キレイになるためにクリニックへ行ったのに、うっかり言い忘れたせいで大火傷をしてしまったら元も子もありませんから。

 

このように、レーザー脱毛は基本的に安全なものですが、お肌が敏感になっているときは施術を避けたほうが無難です。
例えば、生理中は痛みを感じやすいため、デリケートゾーン以外の脱毛も避けたほうが良いと言われています。
妊娠・授乳中も同様です。
胎児や母乳に直接悪影響があるわけではないのですが、お肌からストレスがかかってしまうからです。
妊娠すると体毛が濃くなることが多いので、脱毛したくなる気持ちはわかりますが、断乳まではシェーバーなどなるべく痛くない方法でムダ毛処理をしましょう。

 

照射できない場所についても軽くおさらいしておきましょう。
ほくろなどもともとメラニンの多い部分や日焼け直後の肌、できたばかりの傷口がある場所にはレーザーを当てることができません。
前者については別の脱毛や除毛方法で対応し、傷は早く治るようしっかり消毒して、治ってから脱毛に行ってくださいね。

脱毛の費用はどのくらい?関連ページ

女性用でも高機能なカミソリが続々と販売
自己処理で出来る脱毛は脱毛クリームや家庭用脱毛器など色々試してきましたが、現在は結局一番スタンダードなカミソリで落ち着いています。
自己流の処理をしています。
最近蒸し暑い日が続いています。 この時期家に帰るとすぐにタンクトップにショートパンツという格好になりくつろいでいますが、
ラヴィはオールマイティで低価格
ラヴィは、脱毛器の中でも情報が錯綜しているものの一つです。 なぜかというと、発売当初と現在とでセット内容や価格にかなりの変更点があるから。
トリアはぜひ使いこなしたい脱毛器
数ある家庭用脱毛器の中でも、いろいろな意味で別格なのがトリア。 レーザー脱毛であるということがその最大のポイントですが、口コミを見るととにかく「痛い!」という意見が目立ちます。
レーザー脱毛が効く仕組み
レーザー脱毛って、ちょっと不思議だと思いませんか? ムダ毛にだけ反応して、周りの皮膚にはほとんど影響がないんです。
行く前に、レーザーについて調べましょう
少しはレーザー脱毛について、理解を深めていただけたでしょうか? レーザー脱毛に限らず、わからないことが多ければ多いほど不安で怖くなってしまうのはごく当然のことです。
ミュゼプラチナム
私は現在ミュゼプラチナムに通っています。 通い始めたきっかけは、友人の紹介でした。
ムダ毛を剃ると濃くなるってホント?
よく言われるのが、「ムダ毛を剃ると濃くなる」というもの。 先に正解を言ってしまいますと、これはウソです。